Windows10 USB 修復ディスクの作成


Windows 10 になってようやく使えそうなOSとなってきているような感じを受けますが、やはり、Microsoft、、、、、。

期待を裏切りません!!!!!!

どっち付かず、帯に短したすきに長し、、、が散見されます。

システムのバック・アップ機能が強化され、今までサードパーティー製で補ってきたモノも不要なほどです。
しかし、しかしなんですね~っ、これが。

バックアップはしたものの、それの復旧・修復作業に用いるメディアが、何と、なんと、、、CD-ROM
のみなのですょ。

これには参った方たちが大勢いるのではないでしょうか?????

昨今のパソコンでは、CD-ROMなど付いていない機種の方が多いぐらいですから。

なに考えているのやら、、、、、、。 

ぶっ、ぶっ、、、、、っっ、。


CD-ROM のみの選択肢しか提供されていない不便


今までUpDateなどで改善されるものとず~っと、待っておりましたが、もうシビレを切らしました。

という訳で、CD-ROMでしか提供されない復旧・修復デスクを今時に合うようにUSBスティックにインストールしてみました。

修復ディスクですが、PC本体にCD-ROMが無い場合には、仮想CD-ROMドライブなどで、その代用が可能です。 (起動メデア作成には適しないモノもあるようですが・・・)

USBメモリーは、安価な4GBモノを使用しました。



★★ Windows10 USB 修復ディスクの作成準備 ★★


まず修復ディスクをCD-ROMに入れておきます。
(仮想CD-ROMの場合、マウントさせておく)

USBメモリーをUSBに挿す。


コマンド プロンプトを 管理者として実行する

diskpart と入力して diskpart コマンドを実行する。

プロンプトが  DISKPART>  に変わるので、次に下記を順を追って実行させていく。

DISKPART> list disk   <----PC内臓ドライブの確認表示をさせる。

DISKPART> select disk 1 <----表示されたUSBメモリの disk 番号を指定する。

DISKPART> clean   <---USBメモリーのクリアー
DISKPART> create partition primary
DISKPART> select partition 1
DISKPART> active
DISKPART> format fs=fat32
DISKPART> assign

DISKPART> exit

以上の作業で起動可能なUSBメモリーの出来上がりとなります。
続いて次に、起動する為に必要なファイルをUSBメモリーにコピーします。

システム修復ディスクが   Q:ドライブ
USBフラッシュメモリが   F:ドライブ として、

C:\>xcopy Q:*.* /s/e/f  F:¥
C:\>Q:
Q:\>CD boot
Q:\boot>bootsect /nt60 F:

Q:\boot>exit

以上の作業でCD-ROMでしか起動出来なかったWindows10 USB 修復ディスクがUSBメモリーでも同様に起動出来るようになります。

※ 上記のコマンド記述は、コピー&ペーストは利きませんので手動入力して下さい。


出来上がった修復ディスク・CD-ROMとUSB

めでたし、、、めでたし。

ヘンテコ Windows OS の改修作業でした。


FeelTech DDS発信器でのお遊び


昨今、流行りのDDS発信器などを一から自作しようと考えていましたが、どうにもこうにも世の中のスピードに追い抜かれた感があり、低価格のDDS発信器が毎度の中華製に・・・・。

ひとつづつのパーツを購入し、マイコンにプログラムを書き込み、っと、色々大変なわけです。
この中華製DDS、何となんと、パーツ代金とほぼ同一なんですょ。

それに、自作するより遥かに高性能な機能がインストールされたDDS発信器なんです。

こりゃぁ、DDS発信器の自作は後回しですねぇ。


今回のDDSは、Model FY2300 という20MHzまで発信可能のDDSモデルです。
ごく普通のDDS発信器としての機能はもちろんのこと、任意波形発生器としての機能までインストールされた、多機能なシロモノでした。
それも1CHのみではなく、惜しげもなく贅沢にも2CH出力なのです。

任意波形生成には、USBにてPCと接続し、マウスなどで任意に波形をプロットしていくという、
素人にでも簡単操作が出来るような工夫がなされています。

いやはや、、、参ったっ、、、、という意識が強いです。


FeelTech FY2300 20MHz 2CH DDS


本体はかなりしっかりしたアルミ・ケース構造となっており、安心感もあります。
そしてなにより、機能を選択し、その可変には回転ノブが採用されていますので、高級感満載です。

それらの諸設定の確認には、これまた贅沢にも液晶デスプレィが用いられていますので設定確認は容易に出来ます。

これと同じような多機能2CH DDS任意波形生成機能をも搭載した機械を自作しようとすれば、もはや、お金の問題もさることながら、個人のレベルでは不可能に近いと感じました。

それでも自作しようとした場合には、容易にこの製品価格の3倍程度は覚悟が必要なのではないでしょうか???

世の中、すべての変革スピードが益々早まっているような気がしてなりません。

日本では、現在のところ、強引にでもデフレ脱却を試みようとする動きから、マイナス金利なる、伝家の宝刀を振りかざしていますが、開発能力が国内に蓄積されていない状態での政策では、むしろ、逆効果に陥ることでしょうね~っ。  きっと。

だれしも、同じ製品なら安いモノの方に魅力がありますから。
その対抗としての革新的製品に期待をする訳ですが、世界から見て日本国内の魅力的製品開発能力があるとは感じられないのが現状のように感じます。

小さな基幹分野でのパーツは今まで通りの優位性は保てるのでしょうが、薄利多売にさらされてしまっています。

クリエイティブな若者が育つ環境が無ければ将来が不安になってしまいますょ。
その場しのぎの、いつもながらの場繋処置政策では何にもならない・・・・・。


FeelTech FY2300 任意波形生成にてバード・マンを作画


海外ではバットマンなどを生成しているようなので、ここでは、バード・マンを波形生成してみました。

こんな芸当も簡単に生成出来てしまいました。

この画像は、任意波形生成した2CHのDDS信号をデジタル・オシロで見たものです。

これだけの多機能ぶりを低価格で実現されてしまっては自作する意欲すら失ってしまいます。

いやはや、、、ですね~っ。

バリキャップ・ダイオードの並列容量の違いの検証


以前から検証実験を行おうと思っていた案件のテーマです。

バリキャップ・ダイオードの容量を増やす為に同一バリキャップ・ダイオードを並列接続仕様とした場合に、その接続方法での容量には違いが在るのかどうか??? を検証してみました。

早速ですが、検証テストを行った時の回路を示します。


バリキャップ・ダイオードの並列容量の違いの検証回路図


簡単な回路ですが、心がけたところは、使用した回路回線には、同一パーツを使用して計測時のパーツ違いによる誤差を極力少なくなるようにしました。

また、バリキャップ・ダイオードの容量測定には、以前紹介したオリジナルのバリキャップ測定装置を用いています。

測定にはバリキャップ・ダイオード印加電圧を両方同時に加え、その時の接続法の違う並列接続されたバリキャップ・ダイオードの容量をそれぞれ切り替えて、Cメーターでその都度読んでいきます。

そのようにして出力された印加電圧 対 バリキャップ容量のグラフを描いてみました。


印加電圧 対 バリキャップ容量変化グラフ


このグラフから読み取れることは、単純並列接続と、独立並列接続との違いはごく少数ということが読み取れました。

ただし、このグラフでは読み取りずらいですが、独立並列接続の方が容量変化に素直さを感じました。

そして、バリキャップ・ダイオードの利用する環境を考えると、今回の実験のような直流動作環境ではなく、高周波環境という事になるので、必ずしも今回の実証実験での結果が全て、という事ではないのかも知れませんね。

時間が出来た時にでも実証実験をしてみたいと思って、今になってしまいましたが、これで気分的にもスッキリした思いがします。


2SK192 FET 1GHz OSC の試作


暇な時間を過ごすのも良いのですが、何やら頭の中でうごめいてしまい、真夜中、おぼろげながらの構想をノートに書いて暇つぶしをしていた時に試作して妄想というには失礼な、実用的発振器が出来ました。

ここで1GHzという高い周波数発振に使用したデバイスは、何となんと、、、、!!!

2SK192 です。 !!!っ、  嘘じゃぁありませんょ。

低周波領域などでは定番中の定番の、どこにでも転がっていそうな、2SK192 です。


2SK192 FET 1GHz OSC 回路


たったこれだけです。
実験での発振範囲は、750MHz~1100MHz 辺りまで意外と安定した発振をしてくれました。

回路中のコイルとは、2SK192の足である、リード線をそのまま利用したモノです。
そこに接続されている、10pのコンデンサーの位置を変化することで発振範囲が決定されます。
ここだけは、カット・アンド・トライが必要ですね。

2SK192 FET 1GHz OSC 実際の様子


その辺に転がっているゴミと化しているパーツを見つけるだけで出来上がりそうでしょう。

動作原理的なことは好みではありませんが、2SK192固有の特性とでも考えてください。
動作原理などは、頭の賢いお偉い方にでも聞きましょう!!!!

頭を柔らかくしておかないと、知識に偏ってしまい創造性を生み出すことなど出来ませんね~っ。

なんとなく、昨今の日本の状況が読めそうな気がします。

クリエイティブであれ。
そして、愚か者であれ。

日本の知識至上主義からは、ほど遠い思想だと感じますね。

まるで真逆な社会に思えますが。

知識とは後追い学問。
その知識を活用できる柔軟な愚か者にならないと、コロンブスの卵はむずかしい・・・・。

ガンバレっ!!!!!!!  若者ょ !!!!!

誰が製作したとしても、確実に1GHzを発振してくれるでしょう。

発振範囲を広めるには少々のテクニックと、技が必要になると思います。

回路図中の値と実際の値が違っているようですが、それもカット・アンド・トライの印です。


2SK192 1GHz OSC 2GHzフルスパン・スペクトル


どうでしょう?????

この発振信号の質は?????

なかなかのモノではないでしょうか???


2SK192 1GHz OSC 狭帯域スペクトル


意外と安定した発振をし続けていますので、何かの局発にでも活用出来そうですょ。

夜な夜な妄想活動クラブでの実験的 FET 1GHz OSC でした。

2SK192を1GHz OSC に使うことなどまず無いと思いますので、一度試してみてください。

以前の、2SC3358 仕様 2GHz帯OSC 共々、単純なモノですが、中々どうしてしっかりしたモノですょ。

お遊び実験回路でした。


IC-71 TRX-切替SW FET式回路


IC-71はトランシーブ・トランシーバー(古い言い方だこと・・・)なので受信と、送信とをスイッチ一つで自動切替が出来なければなりません。

原点である、オリジナルなIC-71では、単純にパワー・リレーを用いて接点切替を物理的に行っています。
しかし、そこは現代、、、。
半導体切替式ということにしました。
その方式だと故障率がかなり低減できますね。

通常は、見慣れたTr式切替回路がほとんどですが、そこは昨今のPC全盛の時代の恩恵を恵みとして享受することにしましたので、P-MOS FET を使用した電源切替回路としました。

これほど便利な素子ですが、パソコンの発展と共にデバイス性能も格段に向上傾向にあり、もはや理想的デバイスではなかろうか???  などと思っております。

ただし、PCの分野では今回使用したデバイスは、既に過去の存在のようです。
いやはや、パソコン界って、短命を宿命づけられた世界なんですね。
そのおかげで、高性能デバイスを心行くまでしゃぶりつく事が可能になりました。


P MOS FET 仕様 送受信切替回路


高性能デバイスのお陰で簡単な回路構成でも大電流を流せる本格的切替回路が出来上がりました。

N MOS FET とは違い、P MOS FET での結線は間違いやすいので、Pin記号も記入しました。
S (ソース) から入り、D (ドレイン) が出口です。

組み上げた時点で動作テストを行ったところ、大電流時でトランジスタ式では不可能だった、ロードロップ切替(0.18V)が実現出来ました。

そしてなによりも大電流を得るための切替信号も簡略的に構成することが可能となりました。
実テストしてみて関心したところは、何といっても、そのロー・ドロップ性能と、発熱の少なさです。


P MOS FET 仕様 送受信切替回路の実際

これほど簡単な回路となりました。
1.5Aを連続で流してみても、まったくFETが熱くなりません。
これが、Trや、N-MOS辺りだったら、もう大変な放熱器が必須の事だったことでしょう。

ここで使用した、P MOS FET は、単に手持ちにあったものを用いていますので、使用する容量範囲を考慮すれば、別のP MOS FETでも問題ありません。

これからの電源切替回路には、P MOS FET が定番でしょうね~っ。

単純なモノほど壊れにくい、という格言もありますので複雑怪奇なモノよりは好みだったりします。


IC-71 プリミックス 39MHz帯 VFO の製作


当初のアイデアでは、VFOコイルごと組み替えて、直接39MHz帯を発振させた周波数改造のVFOを考えていましたが、やはりここは先人の努力の賜物を無駄にせず、残す方向へと変化しました。

IC-71のVFO発振周波数は、逆方向性での変化となっていますので厄介なところではあります。

中々それに見合ったXTalが見つからず、時間だけが過ぎてしまいました。
しかし、ここにきて程よいXTalが容易に入手出来るようになったので自励発振OSCではなく、XTal発振のしっかりした局発回路が出来上がりました。


IC-71 プリミックス 39MHz帯 VFO改造回路図


元々のIC-71 VFO 内部へとこの回路全体を収納するためにも小型化は必須な条件となります。
まずは、元のVFO内部での空きスペースの面積から収納可能面積を考慮します。
そこで決まった面積の基板にこの改造回路を全部組み立てていきます。

一番問題になったのは、コイル類の大きさでした。
そこで、立体的実体配線組み込みを限りなくスペースを切り詰めて組み立てました。
中には部分的に3階建構造の部分もありますので、失敗や故障などが起こった場合にはお手上げ状態です。
そこで、電子回路の基本中の基本である、回路動作は無理せず軽~るぃ動作に気を付けた回路設計としています。

また、一番肝心の周波数混合器・プリミックス・ミキサー回路には、無調整で優れた性能が期待できるDBMを採用しています。
ここに使用したDBMは、以前、実験的にテストしたことのある超小型 1コア式 DBM を使用しています。
中々どうして高性能ですょ。


プリミックス局発用 XTal 発振回路の実際


右図が局発回路の組み立てたところです。

一つずつの回路を実証しながら組み立てていきます。













局発回路の写真を見ると、XTalの大きさが一番スペースを取っていることが判ります。
しっかりした発振を確認し、ある程度のあり得ない程の環境変化・ダメージを当てて、それでも安定した動作をしているかどうかを確かめておきます。


プリミックスの心臓部分の完成回路



いやはや、もう修理は無理ですね。
















XTal局発と、1コアDBMによって目的の39MHz帯へとVFOの周波数を変換させます。

要としては、やはり、周波数変換ですので、出力側での周波数選別としてのコイルがとても重要となります。


プリミックス周波数変換器 DBM 出力の様子


高次発振をしていますので、かなりのお化けを覚悟していましたが、回路の適正化を行ったためか?? とても素直な、綺麗な出力となっていました。

しかし、このままのプリミックス回路出力電力では出力が足りませんので少し増幅することにします。

-5dBmでは、DBMを正常駆動させることも出来ません。


プリミックスVFO出力増幅後の特性波形



軽~るく動作させていますので増幅率はさほどでもありませんが、プリミックス出力側の同調コイルでは取り切れなかったお化けも多段同調コイルとすることによってこれだけ綺麗になっています。

アンプでの出力電力も、+10dBmを超えていますので程よく安定したプリミックスVFOとして使用できそうです。




IC-71 オリジナルVFO内部へとプリミックス回路を組み込んだ様子



やはり、昨今のしっかりした部品・パーツと比べると見劣りせざるを得ない、何やら頼りなさをも感じてしまう部品や、パーツ類が使われていますが、ここは先人に敬意を表す意味でも、そのまま使用することにしました。
ただし、よく故障するであろうコンデンサ類だけは交換しています。

少しずつですが、IC-71の大幅な改造を行っていますが、その時々に改造ポイント確認の為に使用している、広帯域受信機を聞くたびに時代の流れを痛感してしまいます。

しかし、負けずにIC-71の改造を行っていくつもりです。
このIC-71は、私にとって記念すべき大切な大切な、一台だからです。

いつになったら改造が終わることやら・・・・・・・・・。

墓場までは持っていけない、、、。

それまでは終わらせないと!!!!!!!!!


時代を築き上げられたミズホ通信高田OMのご冥福をお祈りします


戦後復興の中において無線機器に尽力を注ぎ込まれた、その精神は神とも呼べるほどの、凡夫な我々にとっての東導役的存在でした。

そんな時代背景の中、名機とも呼べる通信機器を次から次へと世の中に送り出してきた、そのバイタリティには頭が下がる思いで一杯です。

真空管が主流だったころ、テキサス・インスツルメンツなるごく初期の単純なICチップを見たときの衝撃たるや少年の心を揺さぶるには大きすぎました。

アイディアあふれる製品の数々を世の中に創出され、足元にも及びませんが精神的に良い影響を享受させていただいた事が懐かしく思い出されます。

一時代を確実に築き上げられた高田OMのご冥福をお祈りするとともに、その遺産を大切にさせていただきたいと思います。

僭越ながら書き記したいと思った次第です。