小型ハンディ・オシロ JDS3022A 小道具



自作する時のチェック用測定小道具は小さいにこしたことは無いのですが、如何せん、精度とのトレード・オフが働き、中々手を出しずらいものでした。

しかし、ここに来てどうにか使用できそうな、そして、いたずら心をくすぐる小道具類が出そろってきた感があります。

毎度の事なのですが個人的な興味による改造もしてしまいました。
提供された機能だけでは、つ・ま・ら・な・い !!!!!!!!!

通常のハンディ・オシロですが、なんと、20MHzまでの発振器も内蔵されており、DVM機能をも内蔵された優れもの??? いたずら心をこそばゆく揺らしてしまいました。
そして何より 3.7Vリチューム充電池1本のみで動作可能となれば、いたずら心に火がつきます。



2CH(内部では3CH構造)のいたって普通のハンディ・デジタル・オシロです。

動作させて気が付いたことは、いままでのモノよりもトリガーが掛かり易いような気がしました。




電源を入れた直後の機能切り替えを行えば、大画面でのDVMメーターとして利用出来ます。
内容的には、マルチ・メーターのようで、コンデンサー容量測定もこなしてくれます。




やはり、電源ON直後での機能切り替えが必要なのですが、20MHzまでのファンクション・ジェネレーター発振器の設定をしている処です。

さて、ここからがいたずら心の真価の見せどころです。

方向性がスペアナの様な波形を直視観測出来る事への興味なので、毎度の感はありますがオシロスコープにてそれを実現しています。

手元のKC901Sと改造デジタル・オシロとの比較をしてみました。


KC901S のスペアナ機能を動作させて比較しています。
デジタル・オシロには少し改良を施した自作のスペアナ機能で表示しています。

う~んっ、、、、。
KC901Sは、やはり簡易型スペアナ機能かな~っ????
表示波形の詳細設定が不可能なのでこの状態がリミット。。。。


中波放送局のアップです。

KC901Sの方ではギザギザ感が残り、表示波形も粗いようです。

かたや、改造デジタル・オシロの方ではとりあえず、しっかり波形を表示していますが、スペアナ専用器から比べると、やはり、見劣り感は歪めない、、、、、。
もう少し改良をしなければ !!!!!!!!!!

せっかく2CH内蔵されているデジタル・オシロなので、センター・周波数のみですが音声検波機能を持たせてみました。
変調された音声がデジタル・オシロ上に描かれました。



こんな芸当は、便利な多機能KC901Sでも不可能 !!!!!!!!!

などと、にゃけています。。。。。


小型多機能ハンディ・オシロが身近になって、いたずら改造心に炎が燃えあがってしまいました。

いずれ、このような機能をも内蔵されて世の中に出回る日が来るのでしょうが、それまでは遊べますね。

高性能とは違う、測定分野での別なベクトルへの、お遊びでした。

興味を抱かされる、アイディア、、、いぃですね~っ。

お遊び小道具だらけになりそうですが、以前とは比べ物にならないほど実用的なモノばかりです。
それも安価に揃ってしまいます。
以前では考えられないほど高級な恵まれた環境になっていますが、それを有効活用しない手はないですね。
その点では今どきの若者が羨ましく思います。
ただ、経験上の老婆心ですが、完璧な恵まれた環境下では優れたインスピレーションを誘発するのは難しい事だと感じます。
精神的に満足してしまう事が思考停止を誘発してしまう事だと思っています。

足りないモノや不便なモノを補う思考が、よりクリエイティブなエネルギーになるような気がしています。

おかれた環境によって思考の方向性が決まってしまう、そんな思いです。

今や、専門知識などはネットで調べることが可能になりましたが、唯一、人間の頭脳から出る発想力だけはどこを探しても見つかりません。

そこを鍛える為にも、フーリッシュと思われがちな事柄にも向かっていく事が重要な気がします。
柔らかい若い頭脳に期待したいところです。

PS. この種のデジタル・オシロって、電池の持ちが非常に悪いですね。
何とか改良せねば!!!!!!  などと思っています。

RF Bridge +KC901S アンテナ計測



手のひらサイズのKC901Sでアンテナを測定してみました。

VSWR測定用に使用したのは、安価に売られていた、RF Bridge なるバッタもんです。

中身を見ればわかるように、Web上に公開している回路構成に良く良く酷似していました。

このアグレッシブなエネルギーとも思える事象が日本には少なくなりましたね~っ。

このような事を繰り返す経験から、突然、独自の技術などが閃くものです。

将来が楽しみになる展開だと感じます。



購入時からケースに何も刻印が無く、大体の見当で各ポートに記号を手書きして貼っておきました。
毎度ながら、子供の手習いです、、、、、。
上達の兆し、、、無し、、、。



接着剤で蓋がしっかり閉ざされていたのですが、それを外して中身の塩梅を拝見!!!!!!

どこぞで見かけた回路構成ですね~っ、、、、、、。
ただ、周波数特性を伸ばす工夫がされており、感心しながら眺めてしまいました。

使用しているトロイダル・メガネコアなど数種類の違ったコアの組み合わせで出来ており、感心させられます。

また、各ポートの浮遊容量を用いたインピーダンス整合には、極細同軸ケーブルを用いて上手く活用しています。


形に拘らない姿勢が読み取れます。

さて、そんなこんなのバッタもんの RF Bridge ですが、実動作はいかに!!!!!!!  です。


簡単な動作テストも兼ねて、手身近にあったGHz帯アンテナを3種類、測定してみることにしました。


先ずは、日本製 コメット社製 1.2GHz 多相八木アンテナの給電部分のみのアンテナで測定してみました。

流石は日本製!!!!!  しっかり目的周波数近辺にディップが来ています。
そして、暴れも少ないようです。


無線LAN機器に付属の外部アンテナを計測してみました。

う~むっ、、、、、。
かなり高い周波数に共振しているようですね~っ。
また、うねりが多く、しっかり製造されていないことが判ります。


こんどは、空中ドローンなどに使用している、フラット・アンテナを計測です。

谷が2つ有るのが判りますが、使用する周波数帯ではSWRが上がってしまっています。
広帯域性は判るのですが、使用周波数に合わせて製造してもらいたいものです。
こんなに広い周波数帯域などまったく使用しませんので。

と、まぁ、こんなものかと一人つぶやいていますが、そこそこ使える測定器にはなっているようです。

バッタもんの付加装置も中々のもので、手持ちのウィルトロン製ブリッジと大差なく測定出来ていました。

大したものですね~っ。

アグレッシブさを感ずる一連の実験でした。


PS. この頃、ゲルマ・ラジオで無電源スピーカー・ラジオを力を入れて自作しているのですが、中々スピーカーから思うように音が出てきません、、、、、。
田舎なれどもゲルマでスピーカーを鳴らしたい!!!!!!
放送受信電波が弱すぎるのかぁ、、、、などと、諦めムードですが実験を続投中です。

世の中が進み過ぎてしまったおかげで、原点回避している哀れさを痛感しています。


超簡単 2石フル・ブレークイン CW-TRX



おもしろ電子キットの中に大変興味をひいた回路構成のモノがありましたので、早速製作してみました。

価格は、国内のコネクター一つ分ほどで、このキットが全て揃います。

これじゃぁ、デフレ脱却は到底不可能でしょうね~っ。
国内物価を上げれば上げるほど、益々、海外の物価価値のメリットが増えますので。

可逆性の無い、一方通行の世の中になってきていますょ。

さて、この安価なキット、完成したのは良いのですが、受信に難がありました。
非常に感度が悪いのです。
強引にSG信号を入力して、ようやく信号が微妙に聞こえてくる程度でした。



でも、たった2石で、しかも、フル・ブレークイン動作が可能なQRP CW送信機なのです。

その回路構成がおもしろく感じましたので入手することにしたキットです。

受信回路の構成が、これまた変わっていて興味を魅かれた部分です。

いわゆる、DC受信機と同じなのですが、その部分を送信時には、Power AMP として活用しています。
これはあっぱれ !!!!!!!!  と、思うところです。

アイディアは凄く興味をそそられますが、如何せん、受信がまともに動作していません、、、、。




付属の回路図もやはり間違いがあり、訂正した回路図を参考程度に。
でも、このままでは正常な受信が出来ません。




XTal 発振器では面白みがないので、そこに外部からSG信号を入力するようにしました。

回路的には、極小改造となるようにしています。

しかし、このままでも正常受信は出来ません。

RX ミキサー Tr  --- TX Power AMP Tr である、 8050 のバイアス調整などなどに手を加えてやると、多少ですが受信出来るようになるようです。


そんなことよりも、この回路構成には興味を抱きます。
たった2石だけでフル・ブレークインCW-TRXが出来てしまうのですから。

頭の体操にはもってこいのキットでした。

ちなみに、TX は、まったく問題なく動作しています。

当然ですが。


テスラー放電スピーカー


人工的なカミナリ発生器、それは、テスラー・コイルによって実現出来ますが、以前製作したモノはかなり力を入れまして、、、、、。
我が家のヒューズを飛ばしたこともあります・・・・・・。。。。

Φ150mmの塩ビパイプに飽きるほどエナメル線をグルグル巻きして自作した、それはそれは大きなシロモノでした。

昨今、このテスラー・コイルを用いて空中に音楽を放つタイプが徐々に増えてきました。

そこで小型のテスラー・コイル式空間スピーカーなるものを組み立てキットを用いて製作してみました。




日本で各パーツを集めて製作するよりもかなり安価に製作できてしまいました。

この価格、どうなってるの ??????

などと、不思議に思えるほどの価格でした。

内部構成は良く出来ており、使用パーツにもだいぶ余裕のあるモノが使われていました。

これらを日本国内で集めたら、余裕で10台は製作できてしまうほどの安価なキットです。

回路的にもだいぶ工夫されている所があり、お勉強にはもってこいでした。

ただし、毎度毎度の特徴なのか?  キットに付属の回路図は全くデタラメでした。

基板を元に回路図を読み取ってみましたので、これから製作しようとする方たちの参考にでも。




基本形で出来てはいるものの、音楽の入力部分には工夫の跡が見られます。

通常の大型テスラー・コイルを用いた音楽演奏放電器のようなPWM特有のスイッチング音とは違い、普通のスピーカーから流れてくる綺麗な音楽演奏を楽しめる処が工夫の特徴でしょうか。

以前、プラチナや、銀線を用いて、ツイッターの自作が流行った事がありますが、それにだいぶ近い感覚です。
あれも、原理的には、今回製作した動作原理とほぼ一緒です。

ただ、今回のモノは、放電もすさまじく、うかつに指など近づけたら大変なことになります、

音楽など不要!!!!!!!  と、思ったら、基本的なテスラー・コイルが参考になると思います。



とても簡単な回路構成なのですがエネルギーとしてみた場合には、簡単な回路とは考えにくい動作をしています。
これらを研究してみるのも、おもしろいかも知れませんね。




ただ、単にこの怪しげに光る線光を眺めていると、エネルギーの不思議を感じます。

宇宙空間での宇宙船の推進力として利用しているイオン・ロケットにも似た線光ですね。

イオン・ロケットの推進力は、せいぜい一円玉一つ分相当の1g程度なのですが、その推進力を電気エネルギーによって生成させるところにメリットがある、と言う訳です。
推進力燃料として必要な水素・酸素がなくてもエネルギーが放出されるところがミソだったりします。


今回の実験でも、線光を放っている、細いエナメル線が何もしないでフラフラっと動き出しています。
つまり、イオン・ロケットと同等????のシロモノと言う訳です。
必要な+イオン、-イオンは、自然界から自然摂取、、、、、。 な~んてね。

エネルギーの分野で重力を人工的に発生させることが出来れば、お・も・し・ろ・い のですが・・・。

ようやく、重力望遠鏡なるシロモノが稼働しはじめたばかりですので、まだまだ先の話なのでしようが、生きている間に実現した姿を、そして、その状況を感じてみたいものです。

時空を超越出来るエネルギーなので、楽しみです。


※ 大事な注意事項なのですが、この種の放電パルス生成器を動作させる場合には、近くに電子機器などの精密製品は近づけない方が良いと思います。

一種のEMPパルスの類と同等なかなり強力な電磁波を放出していますので電子機器が不具合を起こす可能性がありますので、十分注意してください。


AF変調式コムジェネレーター


受信機やアンテナなどの実調整を行うことは忘れてはならない重要なポイントです。
測定器のみでの調整などでは、どうしても実使用時に思ったほどの性能が出ていないことに気づきます。

そこで、この頃、自己流行している、ギガヘルツ帯のアンテナ調整用にとても便利な、そして、超簡単な信号発生器を製作してみました。

簡単な割に高級測定器よりも遥かに実調整用に最適であることが判ります。

巷に出回っているものの殆どが単なる連続した信号の為に、受信機側内部から発生している迷信号なのか??? はたまた、測定しようとしている信号なのかの区別が付かず、誤った調整をしてしまう場合も考えられます。

そこで、この調整用信号にAF変調を加えて、迷信号なのか、測定するべき信号なのかの区別をさせることにしました。




とても簡単な発信回路で、そもそもの信号発振器には、10MHz OSC をそのまま利用しています。
10MHzに限らず、どんな周波数のモノでも使用できます。

単なるXTal発振器ですが、その高調波を利用して大体1GHz辺りまでは信号を確認することが出来ました。
ちょっと苦しいですが、2.4GHzでも耳を澄ませば聞こえているようです。
このバンドの実用的利用は、もう少し付加回路を付け加えてやれば可能です。





手持ちの関係で、74AC00を使用していますが、74HC00とさほどな違いはありません。
気分的には74AC00の方が、なにやら、良さげ、には思いますがほとんど差はありません。

基板の余剰部分には、後でRF AMP を製作してみようと考えているためのスペースです。



74AC00 AMP後の10MHz RF OUT 信号と、AF変調をかけた10MHz 変調出力波形です。

う~むっ、、、、、。

もう少し歪んだ波形を期待したのですが、、、、、。

あとで歪をより多く発生するように考えています。

どうしてもデジタル・オシロって、馴染めないな~~っ、、、、、。

AF変調RF信号波形など単なる棒になってしまっている、、、、、。

なんてこった~っ、、、、。

アナログ・オシロでは、こんな事にはならないのですがね~っ。

10MHz OSC を使用したために超簡単に出来上がっていますが、なかなかどうして。

あると便利な、調整冶具になっています。

測定器では到底不可能な微妙な調整が気楽に作業できてしまいます。

なお、10MHz OSC ではなく、100MHz OSC を原発信機に用いれば、そのままでも2.4GHz帯まで信号が伸びますょ。

ただし、細かな信号とはならない為に調整側に何らかの工夫が必要ですね。

源発振器が10MHz なので、10MHzおきに高調波が出ていますので、なにかと調整も楽になりますょ。


残る課題は、何といっても超広帯域化の実現です。

RF AMPを飽和させながらシリーズに増幅させる方法や、
飽和させずにRF AMPを動作させる方法がありますが、
手ごたえは飽和させずにAMPさせる方法が良さそうです。


これが便利な小道具になっています。

測定器を用いて荒調整をし、実際の動作に近い状態で再度、調整してみると、だいぶ違った微調整が必要だったことが判ると思います。

実使用に即した調整法が可能な為、重宝しています。

それにしても、国内製の受信機って内部迷信号が思った以上に多いですね~っ。

もっとしっかり設計してもらいたいものですね。


小型ハンディ NETWORK ANALYZER KC901S


とうとうここまでやってきました。
指をくわえて眺めていた小型ハンディ・ネットワーク・アナライザーが身近な存在になりました。
それも、3GHzまで測定できる本格派です。

日進月歩ならぬ、秒速時歩ですね~っ。
これからどんなモノが出現するのか????  ワクワクが止まりません。

今まで存在していたモノをより身近に感じさせる存在意義には頭が下がる思いです。

日本国内で無くしてしまった、バイタリティすら感じます。
そして、その能力の高さも特筆すべき点だと感じます。
産業全体がチームとして協力し合っていなければ到底成しえるものではありません。

ちょっと前まで、YIGがどうの、YTFが必要だ、とか、色々な拘りが存在していましたが、ICチップの開発によってそれらを無価値的存在へと追いやられてしまいました、、、、、。






本当に小型ハンディの本器。

起動時には、真っ赤な液晶が光輝いていました。

う~む、、、どこぞの国旗色かも、、、、、。


電源を入れて手元にあるモノでとりあえず、テスト運用。



















説明書に書かれていないLANケーブル接続端子がありました。

ナゼっ!!!!!!!!!!

何か、違うバージョン・タイプなのかしらん、、、、、。

ならば、う・れ・し・ぃ、、、、。

しかし、接続設定が判らない、、、。

なにこれ????











とりあえず、中波放送バンドをスペアナ動作で確認!!!!!!!!

良い、ですね~~っ。。。。。



低価格なモノにありがちな、ワンスイープ動作・もしくは、かなりの低速動作は見られませんでした。

ほぼ、リアル・タイム動作が可能なようです。



500MHz SSG 入力信号の様子です。
広帯域スパン時にはさほど違和感なく測定できそうですが、狭帯域スパンでは、本器の構成上、ちょっとヘンテコな波形表示となります。


狭帯域スパン時の波形の膨れ上がりが気になる処です。
それでも、これだけ観測出来れば上出来ですね。

そもそも本器は NETWORK ANALYZER ですから。



本器の本文である、NETWORK ANALYZER 動作にて手元にあった50MHz LPF を測定してみました。

ほどほどの結果ですね~っ。
スミスがクルクル回ってます、、、、、、。  なんてこった~~っ。。。。。





本器のブロック図ですが、本格的な構成に驚くばかりです。

これらをいつも見るたびに、ICの進化こそ、技術革新になりうる !!!!!!!!!
と、いつも思ってしまいます。

これからどうなるのでしよう ???????

またまた、夢を見させてもらえるかもしれません。



到着したての状態なので、液晶パネルには保護シートがそのまま張られています。
いずれ剥がすつもりですが、いつになるやら。

これで、屋外でもアンテナなどの調整も格段に精密調整が出来る、というものです。

本器の不満は、スペアナ動作時にSG出力から信号を取り出せない事です。
ここまでのモノを作り上げたのであれば、お遊びスペアナと一緒に、お遊びTGも動作させてもらいたかったものです。
それだけです。

しかし、その代替案が無いわけではなく、広帯域NG(ノイズ・ジェネレーター)を簡易TG代わりとすれば 3GHz辺りまでのトラッキング・ジェネレーターとほぼ同一な測定をさせることが出来ますので、簡易的TG付きスペアナに早変わり、、、です。

これで我が家の趣味の部屋に鎮座する、大きく重たい測定器類に手が伸びることも少なくなると思います。

欲を言わせてもらうとするならば、

・ デジタル・オシロ機能搭載でしょうかね?????

しかし、瞬く間にこれだけ凝縮した機能を持ったものが身近な価格で市場に出回る様を視ていると、近い将来、実現されそうですね。

全てはICチップの機能・性能に掛かっている、と言っても過言ではないでしょうねぇ。

今までならば、それら機能を実現するためには企業秘密に準ずる回路的な工夫と製造技術が必須だったのですが、今ではICチップ゜の持つ多機能実現機能さえソフト的に呼び起こすだけでそれら高度な機能を実現できてしまいます。

これから求められるモノとは、より早く、より高密度な機能搭載可能となるICチップなのでしょう。

益々、時間の流れが加速度的に短縮されてくるのは確実だと感じます。

世界の中にはこれほどのバイタリティ溢れる人たちがいる事を知り、その開発能力もさることながら、市場ニーズを的確にとらえる才能に 恐れ入る思いです。

日本国内の情勢を見渡せば、なんとなくその流れとは違い、逆行した思考が台頭しているようなきがしてきて仕方ありません。

金の卵を産む産業界の世界よりも、直感的金銭授受を受けやすい、社会的に見てソフトな仕事に興味を抱いている若者たちが多くなってきている現状を考えれば将来が不安です。

製造業の衰退が本当に起こってしまうかも知れませんょ。  本当に、、、、、、、、、、。


あぁ~ぁっ、虚脱感を感じてくる、、、、。

そうだ !!!!!!

超再生ラジオでも作ろう !!!!!!!!!


Multi-function Tester TC1 おもしろ小道具


部品・パーツ類の整理を行う上で必須の小道具といえば、部品・パーツの中身を調べることが大切なのですが、いかんせん、一つの小道具では今までは不可能でした。
そんな悩みを常々感じていたところ、何と、またまた中華におもしろ・グッズを発見!!!!!!

時間は掛かりましたが、やっとこさ手元に届き、早々、手当たり次第にパーツ類を測定。

その感想は、中々どうして、こりゃぁ、つ・か・え・る、、、、、、。
測定端子の極性も無関係!!!!!!
その都度、液晶ディスプレー上に測定端子ごとのピン接記号を表示してくれます。
こりゃぁ、便利だわ~~~っ!!!!!!!!
型番の消えたTrなどにはもってこいの便利機能満載でした。




測定に際しての接続ピン指定などもなく、測定したいモノに適当に結線するだけで接続したピンにはそれらの記号が表示される、優れものでした。







適当に接続すれば、ご覧のようにピン接を表示してくれますので型番の消えたモノには重宝する小道具になりそうです。



いままで便利に利用していた個別測定器類の機能も内蔵されている為に、これ一台で大体測定出来てしまいます。
それでいて値段も低価格!!!!!!!!  これ、大事。

う~む、、、、、、、、。。。。。

自作する意欲すら失いかけてしまう様な、内なる衝撃を痛感しております。

ワンチップICが氾濫しだしてきてからというもの、世界の時間の進み具合が早まった感は歪めませんね。

老婆心なのですが、これからの若者が心配になってきてしまいました。

コイルを巻いてラジオを手作りしていた、あの頃が懐かしい思いがします。

ほんの最近なんですけどね~っ、、、、、。

そうだ!!!!!!

ゲルマ・ラジオでも作ってみよう!!!!!!!